KinKi Kidsが生きがい(`・ω・´)!なまなみがつづるきんきぃな日々←
ふたりのこと・過去のライブ・舞台レポなどなど・・・
受験生のためただいま更新停滞中です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する
| | - | - | - |
美 我 空 - ビガク 〜 my beautiful sky TOUR 〜 5月4日大阪城ホールレポ
最初は書くつもりなかったんだけど
やっぱり忘れないように文字にして残しておこうと思います\(^O^)/
えっと、まじめなお話の内容をあんまり覚えてないので
漫談の内容中心(-ω-)←


曲ネタバレもあります
剛紫ライブはケリーとかつよっくすに比べて
おとなしめって聞いてたので
曲だけを聴くつもりで行ったんだけど
漫談もあり(笑)
アンコールもめちゃめちゃ盛り上がって
ほんとに楽しかった(≧∀≦)!
ぶっちゃけ予想以上に楽しかった!笑


この日は19:00開演だったんですが
さき・紫乃・みずほの4人で
グッズ買ったあとにプリ撮ってご飯食べてたら
いつの間にか18:30前(゜Д゜)!笑
急いで電車乗って開演10分前くらいに会場入りましたw
席はスタンド上段の1番前\(^O^)/
前に人いないしはじっこだから楽だった♪
アリーナ全体見渡せたしw
さきとふたりで紫乃とみずほ探してみたんだけどさすがに見つけられませんでした(爆




客電が落ちる前から「剛紫」コールが始まり・・・
「美我空」からスタート!
「美我空」〜「愛詩雨」めちゃめちゃかっこいい〜(゜ω゜)!
最初は立ってたんだけど、スタンド上段の方は立ってる人のほうが少なくて
座ってじっくり聴いてる人が多かったのでふたりで途中から座ることに・・・


そして最初のMC
まずは大阪のお話
「他の地方の方からすると関西弁て話しにくいらしいんですよね〜
あと全然怒ってるわけちゃうねんけど怖いって言われたりとか」

最初の方でつよしさん噛み噛み(笑
お客さんが「かわいい〜」って言うと
「噛んでかわいいって言われる30歳は僕くらいです」

「もし僕の曲を聴いて涙を流してくださる時には・・・
アイラインにお気をつけてください(笑)」
と、注意を呼びかけてました(笑

そしてまじめなお話をした後
「今日は皆さんが放つ音符を僕がかき集めて僕が音楽にしていきたいと思います
自分の美しい我の空を描いてみてください」


「孤独な詩 素敵な詩」〜「雨の弓」は涙腺崩壊してました(爆
このとき隣のさきも顔に手やってたので泣いてるのかな〜と思ってたんだけど
終わった後聞いてみたら泣いてなかったみたい(笑

ここらへんの曲の合間に客席のちっちゃい子が
「つよしい〜!!」
って叫んでてかわいくてみんな笑ってましたw
なんか空気が和んでましたね〜w

ここで剛紫さんはドラムへ★
つよしさんがドラムをたたくのと同時に
スクリーンの剛紫さん&funkの文字が点滅!
フェイントかけたりしてスクリーンで遊んでました(笑
しばらくドラムを叩いてスタッフさんを呼んだかと思ったら・・・
もう1回叩き始めてくれた〜(゜∀゜)!!
つよしさんノリノリでこっちも楽しい〜♪

「NIPPON」ではスクリーンに日本国旗をイメージした映像
なるほど〜w

「叶え key」ではスクリーンに歌にあわせて漢字だけが表示されますw
「光まで 光までは」
のところでは「光」が点滅するからちょっと反応してしまった(∀)←
・・・どうしてもねwww

そしてMC
ここでさっきのちっちゃい女の子がまた
「つよしい〜!!」
ここでつよが「はあい〜」って(゜∀゜)!!!
この「はあい〜」がめっちゃかわいかった(≧∀≦)!
「あれ、俺結婚してたっけ?(笑)
まあ父親のこと名指しでつよしって呼びませんけどね」
だって(ノ∀`)

キーボ−ドを前に置いてのMCだったので、キーボードのエピソード
「このキーボードは最近自前で買ったやつなんです
ASKAさん、CHAGE&ASKAのASKAさんね
ASKAさんにキーボード見せてもらったときに、
ASKAさんが40分くらいずっとひいてて(笑)
俺いつ弾けんのかな〜?
って思いながら聞いてました(笑)
その後かわってもらって
僕が一時間30分くらい弾いてましたけどね(笑)」
っていうASKAさんとのエピソード

「最近山下達郎さんのライブ行かせてもらったんですけど
達郎さんのライブもちょっと漫談っぽいですけどね(笑)」
最初のMCで
「美我空漫談ツアーやりましょうか」
みたいな話してたのでw
「達郎さんしゃべってる10行くらいのうち
2行は山下達郎って名前入ってますからね(笑)

「さっき歌った『素敵な詩孤独な詩』は
自分の中のもう1人の自分に向けて歌った歌です」
・・・だったかな?←

「メールでこうこうこうでってすごい長く打ったのに
『了解です』ってきたときさみしいよね」
っていういいともで話してたお話もw

「こうしてたくさんの人が集まってくださって」
っていうお話をしてて
「皆さんこうやって足を運んでくれたり、CD買って頂いたり、物販とか・・・(笑)」
物販ww

「ご飯とか10代の頃は外に食べに行ったりもしたんですけど
やっぱり周りの人に見られたりとかして
一緒にご飯食べてる人にも迷惑がかかっちゃったりするんで・・・」
「昔は悩んで部屋で1人で泣いてたりもしました」
って剛紫くんが話してるの聞いてまた涙が(´;ω;`)

どのタイミングだったか覚えてないけど会場からの
「かわいい〜」

「知ってる〜」
こあくまつよしwww

「海は空の色を映してるから青いわけで・・・
やっぱり空が汚れてると海も緑色になっていくので」
って話してて
『ああこーちゃんと正反対のこと言ってるなあ〜』
と思ってました(笑)
こういちさんは科学的に海と空の色を説明していましたから(爆
つよしくんの頭はやっぱり完全文系脳ですw

「何か物を買うときに例えばネットを使ってレビューを見てから買うとか・・・
情報に左右されて何かを買うよりは
自分で確かめてから本当にほしいと思った物を買うのがいいんじゃないかなあ と思いますけどね」
ちょっとこれ聞いてドキッとしました(爆
レビューを参考にするのはあたしは別にいいと思うけど
あんまりのめりこみすぎちゃあかんですよね(^ω^;)

「今からまた歌いますけど、自由に聴いていただいて構いません
ただ、ござとかそこらへんにしきはじめるのはやめてくださいね(笑)
プレハブそのへんに建て出したりとか・・・
そういうのはやめてくださいね」
プレハブwww(笑

「部屋掃除してると
『なんでこんなん買ったんかな〜』いうの出てくるからね(笑)
あ、ちょっと聞いていい?
海遊館のジンベエザメのぬいぐるみ持ってる人どれくらいいますか?(笑)」
挙手する人ちらほら
「あ〜ちらほらいますね(笑)」


「綴る」「歴史」の後ちょっとMC

「今の実は今日だけですからね
さっきもドラム2回やりましたけど
こういうこと言うと今日彼女が来てるんじゃないかとか言われますんで
子供も来てるみたいですし(笑)」
剛紫さん笑えないwww

「あの〜ここでみんながひくと余計ほんとみたいになっちゃうんで(笑)」
そうだね(´ω`)笑

「次に歌う『Raindrop Funky』はぶっつけでスタジオで演奏して
『こんなもんでいっか』ってつくった曲です」

「Raindrop Funky」と「FUNKAFULL FUNKAFULL」めっちゃ盛り上がった(゜ω゜)!!

「Purple Stage」の後アンコールへ

「次に歌う曲は、
僕より年上の50代くらいの母親くらいの方も
僕より年下の方、僕と同じくらいの方
皆さんにささげるラブソングです」

「空〜美しい我の空」の後セッションへ★

つよしさんギター使ってブラスの3人で遊んでます(笑
それが楽しかったみたいで何回もやってた(∀)www
すんごい笑顔でたのしそう〜\(^O^)/

そしてつよしさんが先生(Gt.西川さん)にふると会場大盛り上がり!!!(笑
先生大人気やなあ〜www

剛紫さんもどんどんテンションあがってきてむっちゃダンスステップww
ターンしまくりでお客さんも叫びまくり♪

「BI〜♪」『BI〜♪』
「GA〜♪」『GA〜♪』
「KU〜♪」『KU〜♪』
のかけあいもめちゃめちゃ楽しかった〜!!

「I」『I』
「LOVE」『LOVE』
「REAL」『REAL』
「AND」『AND』
「ME!」『ME!』
もあり♪
最後に「YOU」もあり(≧∀≦)!!

そしてでっかいキャンバスに手で『funk』の文字を書いて
黒い幕を外すと『美 我 空』の文字
それに体当たり!
そしてロンダートでしめてくれました★

その後マイクでしゃべってるんだけどめっちゃ息切れしてますw(笑
「自分の中の自分とたたかうためにはこれくらい息切らさないと・・・!
疲れたあ〜〜〜!!」

そして最後に右、センター、左になげちゅー×3!!!

ほんとにほんとに楽しかった〜!
剛紫最高\(^O^)/
受験前の最高の思い出になりましたwww
拍手する
| 22:23 | 美 我 空 - ビガク 〜 my beautiful sky TOUR 〜 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
拍手する
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://kix3s.jugem.jp/trackback/18